ホーム > カレルエフェクト・量子ポテンシャルのハーモニック共鳴

カレルエフェクト・量子ポテンシャルのハーモニック共鳴

CURRELL EFFECTカレルエフェクト ~量子ポテンシャルのハーモニック共鳴

【カレルエフェクトとは?】

カレルエフェクトとは、クオリティの高い音質のオーディオプレイヤートヘットフォンを使います。普通のCDには焼けないほどクォリティが高いです。
CDの5倍のキメの細かい音質を使っています。特別なプレイヤーで再生します。
なぜそんなに音域がいいのが必要かというと、スピリットはとても細かいディテールのある音域を感知できます。
なので、スピリットにとって大切なことです。初期のころのカレルエフェクトはCDに焼いていました。
CEプラティクショナーは特別なプレイヤーのCEのキットを使っています。

【カレルエフェクトの6つのステップ】

1、バイブレーションチューニング(波動調整)から始まり、個人個人が今という瞬間にフォーカス出来るよう、周りの環境、
自分自身のバイブレーションを調和させていきます。ある程度の調和が保たれると宇宙とのチャネン寝るが開き、CEが始まります。
2、次のパートはスキャニングと呼ばれ、いろいろな周波数を使い、オーラのエネルギーを目覚めさせます。
その場をより高次の場にコネクトさせるには、オーラの場は非常に重要です。
3、次にメインパートに入ります。この時に、肉体をでて宇宙のどこかに行ったような体験をすることがあります。人を外に出す外在化すといいます。スピリットをボディ、マインドの外に出すことで、今何が起きているのかを正確に見えるようにさせることがCEの目的です。それが出来ると、自分自身が見えるようになります。
4、このメインパートが終わった後のリターンがとても大切です。肉体を離れてしまっている事もあるので、注意深く元の世界に戻します。
5、終了後体験談を書くこともセッションの一部で書くことでCEの体験が、より明確になっていくので、好きなだけ時間をかけて書いていただきます。
6、アフターエフェクトが起こります。セッション後、約2~3週間後に起きることをアフターエフェクトと呼んでいます。
セッション中に沢山の情報を受け取っているため、すぐには意識が上がってこず、日々の生活の中で表れ始めることもあるのです。
実際に多くの方がっこの時期にポディティブなシフトを体験しています。
CEの究極的な目的は、参加者が自分自身で選択できるようにすることです。そうしないと、同じことの繰り返しになってしまいます。
そのためにこれを見せたい、感じさせたいなどのサブミナル効果は一切入ってないです。
CEに入った瞬間おきることは自らが起こしていることであり、自らが直面する準備が出来ているものが現れます。

●CEの体験談

http://transformation.ishwish.net/ce/experiences/ce03_01.php

●なぜサウンドや最先端の技術を使うのか?

私たちを取り巻く環境は、日々めまぐるしく変化してます。様々な手法を用いて意識を拡張させようとしても、ひずみが創られるスピードの方が速いので、一歩進んでも2歩下がってしまっている状態です。
この速い動きと変化に遅れずについていくには、私たちの意識拡張の比率と質を加速させる必要があります。
ロり早く効果をえられるもの、先行して波の前に行ける手法が必要でした。
CEで外在化を体験すると物事を違った視点で見ることが出来るようになります。
新しい視点を持つことでその後の選択が変わってきます。
自分の人生における決意、決断が変わり歩む道がシフトすることで、それまでの人生が、自分でコントロールできる人生に戻ります。
自分が誰かという事を知ると、自分には無限の可能性があることの発見に過ぎません。何でもやりたいことが出来、物事を知ることも、新しい能力を得ることも可能です。
 

●TERRAでのセッション

セッション時間/ 60分+前後30分=90分

料金/ ¥18000

お申込みはこちらから↓

http://www.dandelion-c.com/contact/?id=1

*********************************************************************************************

@カレルエフェクトを作った人

クリストファー・カレル
Christopher Currell

音楽プロデューサー、ギタリスト、シンセサイザーの最高峰シンクラビアの先駆者であり、最先端の楽器Ztar演奏の第1人者。
クインシー・ジョーンズ、ポール・サイモン、スティビー・ワンダーなど音楽制作にかかわる。マイケルジャクソンの「BAD」の制作や4年にわたってワールドコンサートなどの演奏などマイケルの全盛期を支える。
現在はCEを開始。

@マイケルジャクソンとのコラボ

http://headphone.guru/the-event-horizon-synclavier-music-and-michael-jackson-2/

@カレルエフェクトのHP

http://transformation.ishwish.net/ce/